本文へ
活動紹介
HOME活動紹介/若者応援プロジェクト奈良(第十回) 学生たちにフードパント…

若者応援プロジェクト奈良(第十回)
 学生たちにフードパントリーを実施しました。

【2022.01.26 更新】

若者応援プロジェクト奈良(第十回)
 学生たちにフードパントリーを実施しました。

学生ラウンジの配布場所























1.実施日 1月19日(木)
2.場所  奈良大学学生ラウンジ
3.内容
奈良大学でも困っている学生さんがいると若者応援プロジェクト奈良のメンバーがお聞きし、その方の紹介で大学を訪問して打合せを行いました。
下宿生、奨学金受給者、バイト収入が減ったなどの学生300人を対象に実施しました。フードバンク奈良寄贈品と若者応援プロジェクト奈良の予算で年末に食品を発注し、300人分を準備。コロナの感染が急速に拡大する中、1月17日に奈良大学学生ラウンジに食品を運び込むだけにして、大学に配布はお任せし、大学のHPやラウンジでの張り紙等で広報していただきました。
1月19日12時から配布を開始したところ長い行列となり、15時前には300袋がすべて無くなったと報告をいただきました。対面授業が減り、キャンパス内の学生がまばらな中での実施でしたが、学生の関心の高さがうかがえたとのことです。「たくさんの品物が詰まった袋を受け取った学生たちはみな大層喜んでおり、口々に「若者支援プロジェクト奈良」の皆様への感謝の言葉を述べておりました。直接お渡しいただけず、また、新聞社の取材もキャンセルせざるを得なかったことが誠に残念ではございましたが、コロナ禍で学生たちが何かと不自由するなか、久しぶりに彼らの嬉しそうな顔が見られました。」とメッセージをいただきました。実施したアンケートからも学生さん達の苦しい生活ぶりがうかがえました。


学生たちの声(アンケートから抜粋)
〇今回初めて参加して、思っていたより多く貰えて、生活が楽になるなと思いました。また、食糧だけでなく、買うか悩んでいた文具があったのも嬉しかったです。
〇食費を抑え、体も気持ちも我慢しながらの食事を続けていたので、このような支援がありとても助かりました。ありがとうございました。
〇一人暮らしをしているとすぐに買い物行かなければならず、それでかなりのお金を使ってしまいます…こうした食糧支援をしてくれるおかげで少し食事を取るのにかかる費用を浮かせることができるので大変ありがたく思います。またこうした食糧支援をしてくださると嬉しいです。
〇種類も豊富で日持ちのするものが多く、たくさん量が入っていたのでとても驚きました。コロナ禍によって収入が減り、気が滅入ることも多く、このようなありがたい支援を数回行っていただけるだけでも人の優しさに触れることができとても嬉しいです。本当にありがとうございます。
〇オンライン講義になって家に多くいる分、殆ど対面講義だった時と比べて光熱費やネット通信費などが多くなり、生活費を常に気にする日々が続いていたので、今回の支援は非常に嬉しかったです。ありがとうございます。

〇若者応援プロジェクト奈良の概要
 食料物資支援 ご寄贈いただいた食料を若者たちに提供します。
 寄付金    食材や衛生用品の購入費用とさせていただきます。
        なお、食料や生活用品は当該大学生協で調達します。
 寄付金に対する税制優遇処置は受けられませんのでご理解・ご協力をお願いします。

〇振込先
        口座名義人 奈良県生活協同組合連合会 
        南都銀行   南支店(060) 
              普通 口座番号 2226568

継続していくために寄付・ご支援等のご協力をお願いします。

奈良県生活協同組合連合会

〒630-8136 奈良市恋の窪1丁目2番2号ならコープ内 TEL.0742-34-3535 FAX.0742-34-0043
Copyright (C) 2006-2011 NARA CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION. All Rights Reserved.