本文へ
活動紹介
HOME活動紹介/大仏の大きさに驚き 鹿がいっぱい来てびっくり!家族でのびの…

大仏の大きさに驚き 鹿がいっぱい来てびっくり!
家族でのびのびと奈良・関西を満喫!
「福島の子ども保養プロジェクトinなら」

【2018.07.26 更新】

7月21日~24日 「福島の子ども保養プロジェクトinなら」として、福島の子どもたちとそのご家族(30名11家族)を奈良県にお招きし、猛暑の中熱中症にも十分に注意しつつ、家族でのびのびと奈良・関西を楽しんでいただきました。
(主催:市民生活協同組合ならコープ、共催:福島の子ども保養プロジェクト、東大寺、近畿労働金庫、奈良ロイヤルホテル、NPO法人Cキッズネットワーク、奈良県生活協同組合連合会)

21日  福島~奈良 奈良ロイヤルホテルで 畿央大学生による交流ゲーム、ウェルカムパーティ
22日  奈良公園(東大寺・柱くぐり・鹿と遊ぼう)、柿の葉ずし作り体験、親子で学ぶキャッシュカードゲーム、夕食交流会 
23日  フリータイム
24日  「ならのおもいで発表会」 奈良~福島

21日は、畿央大学の学生によるゲームをみんなで楽しみながら交流し、ウェルカムパーティでは参加者同士で、またボランティアはじめ生協のスタッフと交流し仲良くなりました。22日は、東大寺の大仏様の大きさにびっくり! 奈良公園では鹿せんべいを片手に集まってくる鹿に驚きながら鹿と触れ合いました。午後からは柿の葉ずし作りを体験しました。また、23日は、ご家族ごとに、思い思いに関西を楽しんでいただきました。宇治鳳凰堂、奈良公園、春日大社、法隆寺そして海遊館などなど…。24日は、「奈良の思い出発表会」として、3日間の思い出を語り合い交流しました。

奈良公園で鹿と触れ合って東大寺で無病息災を願って柱の穴くぐり

柿の葉ずし作り体験奈良の思いで発表会

子どもが描いた奈良の思い出

参加者からは、
「家族は県外自主避難から福島に戻ったばかりで少し緊張して過ごしていたので、この度の保養プロジェクトのおかげで本当にのびのびと過ごすことができました」「不安感は少し残っているので積極的に外遊びはさせていません」「外遊びが増えましたがそこには除染された土が積まれています。ダメダメばかりの子育てもよくないと思い心の中で葛藤が続いています」「放射能は目に見えませんが海や川、山、芝生も汚染されているんだと思ってしまい悲しくなります。今は子どもの外遊びを止めることはできませんが土を触ったり風が強い日には心配です」「本音はなるべく汚染地から離れて暮らしたいです。しかし、夫は祖父から受継いだ仕事を辞めるつもりはなく、母子避難を3年続けましたが子どもはお父さんに会いたい一緒に暮らしたいと寂しがったりダブル生活で出費がかさみ経済的にも難しく夫の身体も心配で戻りました」「学校までの登校では毎日のことなので気にしないようにしていますが場所によっては線量が高かったり除染がされていないところもあり気になるところもあります」
「4日間安心して過ごせた。皆さんの笑顔を思い出してまた頑張っていこうと思う」「これからもいろいろと災害があると思うが今回受けた気持ちを大切に他の人にも伝えたい」「福島のことは聞かれず(思い出すと涙が出るので)安心して過ごせた」「外遊びを注意することなく、心が洗われた」「法隆寺など親子で歩いて良い思い出となった。これからも積極性を持って過ごしていきたい」「いまだ福島のことを忘れずにいてくださって本当にうれしくありがたく思いました」

こどもからも「奈良の思いで発表会」で「大仏を近くで見て驚いた」「ジンベイザメを見たり鹿にせんべいをやったり楽しかった」「鹿がいっぱい来てびっくりした」「奈良にまた来たい」

などの感想が話され、笑顔いっぱいの3日間になったようです。

奈良県生協連では、今後も「福島の子ども保養プロジェクト」を応援していきます。

奈良県生活協同組合連合会

〒630-8136 奈良市恋の窪1丁目2番2号ならコープ内 TEL.0742-34-3535 FAX.0742-34-0043
Copyright (C) 2006-2011 NARA CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION. All Rights Reserved.